ことしは倍の広さ

近所の山崎農園。一枚が2m四方の広さです。ことしは二枚の畑を使えるようになりました。3月いっぱいをかけて土を作りました。スコップで掘り起こしながら表土と20センチから30センチ下の土を反転させます。手や鍬で土をサラサラの粒状に柔らかくします。日本は雨が多いので土中からカルシウムやマグネシウムが流れ酸性が強くなります。そこで石灰をまいて中和します。多くの野菜は弱酸性を好みます。ことし育てる予定の豆・胡瓜・ピーマン・茄子はpH6.0-8.0が良好なので、かなりまんべんなくまきました。そして牛糞(堆肥)を投入。一般的には1㎡あたり1.6-2.0Lが目安だそうですが、入れすぎても問題はないので私はもっとたっぷり入れています。さらに化成肥料を加えてよく混ぜ込みます。この状態で2週間程度落ち着かせ、土の有機度をあげます。途中であまり追肥を繰り返さないですむように、この時期の土作りはとても重要です

佐々木食堂

健康寿命を 伸ばしましょう 11:00から13:30まで 17:00から 閉店時刻は3通り 18:00(予約・来客なし) 19:00(通常) 21:00(予約あり)

0コメント

  • 1000 / 1000