炒飯

歴史的に長く食べられているのが炒飯です。隋から唐にかけての6世紀から7世紀に中国では鉄器が伝えられ、底が丸く火のあたる部分が多い中華鍋が完成しました。また薪から石炭へとエネルギーが変わり火力が強くなったのもこの頃です。高温で短時間に調理ができる環境が整い、炒飯が誕生しました。中国の炒飯はお米をスープで炊いて、たっぷりの油で中華鍋で炒めるので日本の炒飯とは異なります。この調理法はシルクロードを通じて西方に伝わりピラフになりました。日本では炊いたご飯の残りを使う料理としての役割が強いようです

佐々木食堂

健康寿命を 伸ばしましょう 11:00から13:30まで 17:00から 閉店時刻は3通り 18:00(予約・来客なし) 19:00(通常) 21:00(予約あり)

0コメント

  • 1000 / 1000