ご飯を食べましょう

ビタミンB6はたんぱく質の代謝に関わっています。皮膚や歯を作り、成長を促進します。発育期の子どもや妊産婦にはとくに必要なビタミンです。腸内細菌によって合成されるので欠乏症は起こりにくいのですが、妊娠期の女性や抗生物質を長期にわたって使用しているひとは腸内細菌が減少するので皮膚炎を起こすことがあります。精白米に多く含まれているので、主食である日本では欠乏症はほとんど見られません

佐々木食堂

鎌倉の 魚介と野菜で 健康寿命を 伸ばしましょう 11:00-14:00 17:00-19:30

0コメント

  • 1000 / 1000